当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

1.中国語学習のきっかけ

投稿日:2015-01-01 更新日:

きっかけ

 

こんにちは、Seanです。

このページでは、英語もろくに話せない私が、なぜ中国語を一生懸命勉強したのか、少し長いですが私のエピソードとしてここに記載していこうと思います。

ご興味ある方は、是非覗いていって下さい。

 

世界中の人といつでも会話が出来る「SKYPE(スカイプ)」の存在

私は当時SE(システムエンジニア)の仕事をしていました。

ネットワークとか、サーバーとか、コンピューター関連の仕事です。

当時私の年齢は31歳でした。

ある日会社の同僚で私より少し若いS氏が、面白いモノを見つけてきたんです。それが

「SKYPE」(スカイプ)

と言うパソコンのネットワークを使った通信サービスです。

これは、パソコンを使って遠くの相手とメッセージのやりとり、通話、テレビ通話が出来ると言うもので、今で言う「LINE」と「FaceTime」を足したようななサービスです。

今でこそこのような通信サービスは当たり前の様に使われていますが、この当時はまだ珍しいものでした。
※ちなみにですが、SKYPEもLINEなどと同様、無料で全機能使用できます。

 

話は戻りますが、ある日その同僚が「SKYPEを使って中国や韓国の人達と会話をしている」 と言ってきたんです。

 

実際それを聞いた時、私は 「(。´・ω・)???」 となりましたが、どうやら相手のパソコンにもSKYPEがインストールされていれば、世界中どこでも通信が可能との事。

相手は外国人なので言葉の問題は当然ありますが、excite翻訳などWEB翻訳サービスの機能と文章のコピー&ペーストを駆使し、中国や韓国の人たちとのメッセージによる会話を楽しんでいたようです。

 

 

うーむ、海外の人と気軽に会話出来るなんて、なんて楽しそうなんだ! 自分もやりたい!

 

と激しく思いましたが、一つ気になる事があります。

WEBの翻訳サービスだけで果たして本当に会話が成立するのだろうか?? と言う疑問です。

一つ一つの単語は、WEB翻訳サービスでも恐らくかなり正確に翻訳が可能でしょう。

しかし、長い文章になるとどうでしょうか。 特に日本語は言い回しがかなり複雑です。

 

もちろん、簡単な意思疎通だけで良ければそれでも良いですが、どうせやるならもっと会話を楽しみたい。

 

と言う事で、私が真っ先に考えたのは 「現地の言葉(外国語)をマスターする」 事でした。

 

しかし、正直面倒くさい。 ひっじょーに面倒くさい。

 

英語もからっきしだし、30を過ぎて歳も若くもないし、そんなに簡単にマスター出来るとも思えません。

 

そこで、まずは「日本語を話せる人に声をかけてみよう!」と言う発想になりました。

 

そして自分のPCにSKYPEをインストール!

映像付き会話も出来るようにマイク付きのヘッドホン(ヘッドセット)とWEBカメラを購入!

ぁ ドキドキワクワク のはじまりです!

 

「SKYPE」の話し相手を探す

会話の準備は整いました。

と言う事で、まずは会話の相手探しです。

私がSKYPEで声をかけるターゲットは、同僚S氏よりももっと条件を絞り、

「日本語が話せる中国人女性」

に設定する事にしました。

ポイントは

  • 女性である
  • 日本語が話せる

この二点です。

まず今回のプロジェクト(?)の第一条件とも言える「女性である事」について説明します。

 

これは単純に 男性よりも女性の方が会話しててテンションが上がる! からです。(いや、マジです)

 

次に「中国人」である事、実はこの理由も上記と類似しています。

「男性よりも女性と会話する方がテンションが上がる!」ので、どうせテンションを上げるならさらに「好みの女性の方が良い!」と考えました。(いや、マジです)

 

実は、私は欧米の女性があまり、と言うか全然タイプではありません。

欧米の女性が好きな日本人がいるのも承知してますし、実際、とても綺麗な欧米女性が存在している事も承知しています。私もそんな人たちを見て「キレイだな~」と思う事もあります。

しかし、上手く言えないのですが、欧米の方って、何となくお人形さんの様に見えてしまうのです。

 

と言う事で長くなりましたが、結論として 私はアジアの女性が好き なのです!

上記理由から、SKYPEのお話相手は見た目が日本人とそれほど変わらない、アジア圏の女性にしようと言う事になりました。

 

とは言え、アジアと言ってもいくつも国があります。

 

そこであえて「中国」を選んだのももちろん理由があります。

  1. SKYPEを長く続けるなら、相手の母国語を勉強する必要が出てくるかも知れない
  2. 中国なら漢字の国だし、日本人にとって勉強しやすいかも知れない
  3. 私は中国の歴史が大好きなので、いつか中国の歴史を見に行こうとした時、中国語を学習しておいた方が面白いかも知れない

要するに、この時点で既に「中国語なら勉強しても良い」と思い始めていたのだと思います。

 

とは言えいきなり中国語で会話は出来ませんから、初めのお話相手としては「日本語が話せる」事が条件として追加される事になりました。

 

相手が「日本語を話せる」と言う事は 「日本に興味がある」 からであって、日本人との話相手は比較的受け入れやすいだろうと考えたのも大きいと思います。

 

こうして、私の「ウキウキわくわく、SKYPEでお友達大作戦!」のターゲットが決まりました。

 

 

恋から始まる「外国語」の学習熱!

正直、何名に送ったか覚えてないくらい、不特定多数の「日本語が話せる中国人女性」にメッセージを送信しました。

 

メッセージは日本語で 「友達になりましょう!」 みたいな感じの文を送ったと思います。

 

ものすごい数のメッセージを送信しましたが、このウチ返信があってしばらく会話が続いたのは4名の方のみでした。

 

全員の出身は覚えていませんが、在住地は「大連」が1人、「上海」が3人でした。

 

みんな日本語が流暢で、読み書きも会話も問題ないレベルでした。

 

その4人の方とやり取りを続けていくうち、大連の女の子に熱烈アタックを受けるようになりました。

当然嬉しい事ではあるのですが、申し訳ないとは思いつつ結局大連の子とは距離を置くようになっていきました。

それは、私は別の上海在住の子(出身は安徽省)の事を好きになりはじめていたからです。

まさか、自分がドラマのような「まだ会ったこともない人を好きになる」なんて事が起こるとは夢にも思っていませんでしたが・・・

 

それから上海の彼女とはだんだん仲良くなって、彼女は2回も東京に会いに来てくれました。

 

正直、この辺りから「中国語を勉強したい!」と本気で思うようになってきました。

 

一般的に「外国人の彼女が出来ると外国語の学習が早い」と言われますが、まさにその状況がおきたのだと思います。

相手に無理をさせる「日本語」での会話ではなく、相手がリラックス出来る彼女の母国語「中国語」で会話をしたい!と言う想いは日に日に強くなっていきました。

 

ここから、私の中国語学習がはじまりました。

こんなきっかけから、仕事を辞めて中国に留学するまでの経緯を、次項でご紹介します!

 

次の記事:エピソード2「留学決意」

2.留学決意

 

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-中国あれこれ, 学習エピソード

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.