当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

6.留学生活(上海アルゼンチンタンゴ編)

投稿日:2015-01-06 更新日:

留学生活(上海アルゼンチンタンゴ編)

前回の記事:エピソード5 留学生活(交流編)

 

上海への道のり

上海のアルゼンチンタンゴ、これは私の中国留学を決定させた大きなコンテンツのひとつです。留学開始からしばらくして生活にも徐々になれてきた頃、私は週末を利用して上海へ向かう事にしました。

交通手段は新幹線。

無錫 - 上海 は片道150Kmの距離。

150Kmの道のりと聞くと結構遠出のイメージがありますが、この広大な面積を持つ中国人から見ると、手ごろな距離だと言うからびっくりです。

 

たしかに、中国では交通機関の料金もかなり安価ですし、新幹線を使えばこの距離は1時間程度で到着します。

ですが、指定の券売所でチケットを購入する必要がありますし(しかも結構並ぶ)、私の住む江南大学から新幹線の駅まで、バスで1時間かかるので、やはり私にとっては結構大変な移動ではあります。

 

学校から新幹線の駅までバスで約1時間、上海駅からタンゴ会場までは地下鉄で約20分。待つ時間もあるので、江南大学から上海タンゴ会場までドアツードアーで言うと3時間というところでしょうか。

 

それでも、金曜の午後に出発し、日曜の夜に帰ってくるようなサイクルにすればプチ旅行みたいで楽しめます。

 

しかも「移動時間」は絶対に発生するので、その時間を自分の苦手なリスニングの練習にあてる事が出来ます。無理やり勉強しなければいけない時間があるのは、学習者にとっては幸せな事だと思います。

 

 

久しぶりの上海タンゴ

留学開始後、初の上海アルゼンチンタンゴ。 胸が踊る! ダンスだけに!(笑)

 

上海でのタンゴは、半年前に一度旅行で上踊りに来た時以来。非常に久しぶりです。

 

上海タンゴの台湾人オーナー「チャールズ」と「ビビアン」夫妻は、私の事を覚えていてくれて、大歓迎で迎えてくれました。
(※"チャールズ" や "ビビアン" は台湾人で、本名は漢字の名前ですが、国際交流の多い上海では、欧米人に名前を覚えてもらいやすくする為、多くの人が英語名を持っている。私の名前  "Sean(ショーン)" も、上海でビビアンに名づけて貰った英語名なのです)

 

日本のタンゴももちろん素晴らしいですが、上海のタンゴもまた格別な素晴らしさがあります。日本のタンゴはわりとしっとりした人が多い印象ですが、上海のタンゴは踊っている人がとにかく明るくにこやかで、心から楽しんでいるのがわかります。

私もこの上海タンゴの会場にいるだけでうきうきしてしまいます。これは、チャールズ達の明るさが作り上げた、自然にわくわくしてしまう特別な空間なのでしょう。

こんな素晴らしい空間を作ってくれた彼らに、心から感謝です。

 

上海アルゼンチンタンゴミロンガ

↑ アルゼンチンタンゴはこんな感じのペアダンスです

 

 

上海アルゼンチンタンゴミロンガ チャイナドレスデイ

↑ はチャイナドレスデイの様子。 圧巻!

 

 

ここでのタンゴは非常に楽しく、仕事を辞めてまで中国に来て本当に良かったと思える素晴らしい場所でした。

 

しかも、非常に嬉しい事に、私の踊るアルゼンチンタンゴが上海では非常に重宝されるのです。日本ではたぶん一般的なレベルの私のタンゴが、です。こんなに私のタンゴが重宝されるのは、上海のタンゴの歴史が浅いからでしょう。経験者がそもそも少ないのです。

相対的とは言え、自分の技術が認められるのは非常に嬉しい事です。実にラッキーでした。

 

しかも、1部の外国人を除いて、会話は全て中国語で行われる為、ここに来ると無錫にいる時よりも中国語会話の数は自然と多くなります。ここで相当会話レベルを上げられたのではないかと思っています。

 

わかってはいたのですが、まさに私にとってはうってつけの場所でした。やはり上海付近に留学して正解でした!

 

上海での宿泊

さて、とは言えただただ楽しい時間だけが過ぎるワケではありません。問題は楽しく踊った後にやってきました。

 

私の上海タンゴプランは 金曜~日曜 で上海にいて、タンゴ三昧を計画。

と言う事で、どこかに宿泊する必要があります。

 

タンゴ会場がある場所はかなりの高級地帯なので、この付近のホテルは非常に値段が高く、収入のない身ではとても泊まれません。

 

少し離れれば安いビジネスホテルもあるのですが、結構な確率で外国人は宿泊出来ません。
(※宿泊施設が外国人宿泊可にする為には、別途国の許可を取る必要があります)

 

実際、結構安価のホテルを探して歩きましたが、私が泊まれるホテルは一件も見つけられませんでした。事前にホテルを予約すると言う概念はこの時の私にはありませんでした。適当に探せば見つかるものかと…

と言う事で、野宿でも何でもいいかなぁ、と半分ホテルは諦めてうろうろしていたら、タンゴ会場の近くに大きな健康センターを見つけました。 ものすごく大きい銭湯みたいなトコです。

 

大浴場があり、レストランも入っていて、さらに50人もの人数を収容出来る仮眠室も設置されています。

しかも安い!

 

広いお風呂に入れて、しかも宿泊も出来て更に安いなんて。ここはもしかして私の為に造られた施設なのではないでしょうか!

 

仮眠室はものすごく広い部屋にたくさんのソファーが並べられただけの簡単なもので、知らない中国人がたくさんグースカと寝てるのですが、横になって寝られるならなんの文句もありません。

 

上海に来た時の寝床無事確保! ミッションコンプリート! です!

 

それからは上海に来ると、夜はタンゴを踊り、ここで宿泊させてもらうようになりました。

 

 

上海に来ても時間を有効活用

しかし、上海のアルゼンチンタンゴは日曜を除いては夜しかやっていないので、上海に来る場合は昼間の時間をどう使うかってのが問題になってきます。

もちろん、上海の友達と食事をしたりする事もありましたが、ここはやはり留学生、私の本業は学業! 勉強勉強!!

 

勉強は学校から離れた上海でも十分にやれます。

教科書を使った予習復習、またはHSK(中国語レベル検定)の勉強、その他はリスニング練習用のMP3をひたすら聞く、などです。場所はどこにするか悩みましたが、最終的にはマクドナルドとかケンタッキーとか、ファーストフード店で落ち着きました。

 

こうして留学生活の中、週末にアルゼンチンタンゴを踊りにくると言うサイクルを組み込んだ事で、日常のマンネリを防ぎ、会話数も増え、中国語レベルはメキメキ上達。(…してたと思います、たぶん)

 

 

上海でアルゼンチンタンゴの講師をやる事に…

そして、こんな生活をしばらく続けていると、ある時オーナーのチャールズが私に相談を持ちかけてきました。

 

「ウチでタンゴの講師をやらないか?」

 

と言うものでした。

 

それをはじめ聞いた時、 「私がタンゴの講師?」 「ティーチャー??」 「ティー茶ー??」 「お茶お茶???」「はぁ?(@ ̄ρ ̄@)ほげー」 となりましたが、どうやらチャールズは冗談ではなく本気で言っている様子。

 

当時の私のタンゴレベルなんて、確かに上海では上の方かも知れませんが、日本では到底人に教えれるレベルになんて達しておらず、正直困惑しました。

 

話を詳しく聞いてみると、どうやらチャールズは、上海タンゴの男性不足を補う為に、この提案をしたようなのです。

 

確かに自分がインストラクターとして毎回レッスンに参加すれば少なくとも男性一人は確保出来る事にはなります。レッスンのメイン講師はチャールズが行っていたが、男性不足で身体の負担も大きかったのだと予想できます。

 

メイン講師の依頼はお断りしたが、代わりにチャールズのアシスタントとして毎回レッスンに参加する事でOKを出しました。これなら男性の人数確保と言う意味では希望通りだし、実際にレッスンに参加するので少しは彼らの役にも立てるのではないかと思いました。

 

そして、その日から私の寝床は巨大銭湯ではなく、チャールズ夫妻に家に泊めてもらえる事になりました。 居候です。 お手伝いする代わりに、週末だけ居候させてくれる事になりました。正直これは非常に助かりました。

 

もちろん金銭面もそうですが、台湾人夫婦とずっと一緒にいる事になるのです。会話はもちろん中国語。 ただでホームステイしている状態なのです!

こうして私の中国留学と上海アルゼンチンタンゴは、切っても切れない程深い関係になっていきました。

 

そんな生活をしていると、この上海タンゴで私の運命を変える重要な女性が現れる事となりました。

 

彼女の名前は「アモン」。 台湾人女性。

 

長くなってしまったので彼女については、次の記事で詳しく紹介しようと思います。

 

次の記事:エピソード7 留学終了~無錫で就業

7.留学終了~無錫で就業

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-中国あれこれ, 学習エピソード

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.