当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

5.留学生活(交流編)

投稿日:2015-01-05 更新日:

留学生活(交流編)

前回の記事:4.留学生活(学習編)

 

9月1日、とうとう留学生活が始まりました。

留学中の学習の様子については前回の記事を参照してもらうとして、ここでは主に出会った人達との出会い・交流について記載していきます。

 

私は日本で大学に進学しなかったので日本の大学がどうなのかは正直よくわからないのですが、留学先の江南大学ではかなり頻繁にいろんなイベントが行われていました。

 

主に国際交流のイベントがあると、外国人である我々留学生は良く呼ばれます。

 

 

交流会の様子

交流会の様子

 

 

留学生達とキャンプ

留学生達とキャンプ

 

 

日本語科の生徒達とカラオケ

日本語科の生徒達とカラオケ

 

 

日本語科の生徒たちと火鍋

日本語科の生徒たちと火鍋

 

 

さて、結構頻繁に行われていた国際交流会ですが、この様なイベントだけでなく私は勝手に国際交流をガンガンやっていました。

 

学習編でも記載していますが、語学学習で重要なのはやはり実践! とにかく現地の人と会話した方が良いと私は考えています。

 

会話が通じない事に怖がってあまり話したがらない人がいますが、別に言葉が通じなくたって殺されるワケでもないので、ここは勇気を持ってガンガン話しかけましょう!

 

私はもっぱら食事の時には街まで出て、日本料理屋さんの従業員に話しかけるようにしていました。

もちろん、中華料理屋さんでも中に入れば積極的に話しかけていました。

中華料理屋さんの店員さんと仲良くなって、一緒に遊びに出かけた事もあります。

 

でも、やはり日本料理屋さんで働いている子の方が日本に対して興味が多少なりともある人が多いので、気持ち的には話しかけやすいですね。

 

無錫は日本企業がものすごく多く入っている街なので、日本料理屋さんも多く、もっと言えば日本語を勉強している中国人がとても多い。

 

そこで、話しかける時はだいたい

 

「中国語を勉強しているので、中国人の友達が欲しい!」

 

みたいな感じで言うと、割りとみなさん連絡先を教えてくれます。

 

向こうも日本語を使いたいので、日本人の友達が欲しいのではないでしょうか。

 

中華料理屋さんの場合は、そもそも日本に興味のない人の可能性もあるので、そこはもうちょっと考えた会話をした方が良いような気もしますが。

 

日本料理屋さんなら、たいてい 「中国語を勉強している」 と言う姿勢をアピールすれば大丈夫じゃないでしょうか。

外国語学習の経験のある人ならどれだけ外国の言葉を話す事が難しい事かわかっているし、中国人はそもそも小さい頃に中国語(共通語)を勉強します。

それは、広大な大地の中国では言葉が各地方で全然違うので、共通語を幼いころに学ぶよう義務教育に組み込まれているからです。

 

そして、その中国共通語を中国人は難しいと感じているので、中国語を勉強しようとしている人、または既に話せる人を尊敬する傾向があります。

 

私はこの作戦でものスゴイ数の友達を作る事に成功しました。

そもそも話をする事が大好きなので、いろいろな人と会話が出来るのが非常に楽しい。

 

中国では "QQ(キューキュー)" と呼ばれるチャットソフトが広く使われています。

QQを使っていない中国人を見たことない、と言うほど、恐らく中国人のほとんどの人のコミュニケーションツールとなっています。

 

当然我々留学生達もコミュニケーションツールとして全員導入していたハズ。

私も例外なくこのQQを自分のPCにインストールして使用していました。

 

そして現地でのQQ登録数は100人超。

 

要するに、100人以上の人と会話をしたと言う事になります。

 

私はある一定の時から会話をしていて中国人と間違われるようになりました。

これは、やはり現地の人とモノスゴクたくさん会話をしたからだと思います。

発音ももちろん注意していたのでこの要素も大きいとは思いますが、やはり現地の言葉ってのは生き物で、流行り廃りが当然あります。

現地の人とリアルタイムで会話をすると言う事は、これも同時に取り込んでいくと言う事にもなります。

 

さらに大きかったと思うのは、日本料亭で働く女の子とお付き合いする事になった事。

 

彼女は5人姉妹の末っ子で、桂林出身。

桂林は中国の中でも神秘的な場所として有名で、風景画などでも良く使われる中国屈指の観光地です。

 

中国桂林

 

桂林は広東省に近く、場所によっては広東語を使う人もいます。

そして現地語として桂林語があり、彼女は方言として "広東語" と "桂林語" を使う事が出来ます。

そして当然義務教育なので "共通語" も使います。

 

これら全てが "中国語" ではありますが、ほとんど別言語ってくらい、全く違うモノです。

 

すなわち、彼女はほぼ生まれながらにして3カ国語を話す事が出来るって状況に近い。

 

家族とは桂林語、高校の友人とは広東語、それ以外の中国人とは共通語と言う具合に言葉を使い分けていました。

 

なので、彼女の家に遊びにいくと家族とか友達がいると会話が乱れて何を喋ってるのか全くわからない(汗)

 

皆私と話をする時は共通語を使ってくれるのだが、それ以外は方言なのでもうチンプンカンプン。

※中国人は、同郷同士だと方言を使う傾向があります

 

しかし、このようなスーパーアウェイの中での会話は、本当に脳をフル活用する必要があるので、ものスゴク会話の上達に役立ったと思います。

彼女は全く日本語出来ないし・・・

 

ちなみに彼女のお姉さんは日本語がかなり上手で、家族会話の中で日本語が交じる事があると言う、奇妙な事態も発生したりもしました(汗)

 

 

 

彼女とは文化と習慣の大きな違いから、ギャップを埋められず後日別れてしまうのですが、この様にいろいろアクティブに行動していた為、他方からいろいろなお誘いを頂くようになりました。

日本語科の生徒さん達との交流会や食事会などは割りと頻繁に行っていましたが、この他に大きなイベントしては 日本語の教師を頼まれた 事が挙げられます。

 

中国の大学はものすごく広く、寮が完備されていて学生はほぼ全員寮での生活が義務付けられています。

そして、学校の場所は街の中心地とはかなり離れた郊外に設置されてる事が多く、江南大学も同様で、街まで出るのに車で1時間かかる場所にありました。

 

これは、学生を学校内に缶詰にして学業に集中させる為なのですが、大学の敷地は本当にめちゃくちゃ広いので、スーパーやコンビニも多数存在し、民間の飲食店も多数入っています。

ちなみに、小さいですが病院だってあります。

 

そう言うワケで、生活に困る事はありません。

 

で、日本語教師依頼の話に戻りますが、この江南大学には、要するに "大学の授業" だけでなく、趣味と言えるような民間の教室がいくつも存在します。

ダンス教室とか、音楽教室とか、大学は皆必須のハズであろう英語の塾みたいな民間の教室も開催されています。

 

もちろん日系企業が多数存在する無錫、民間の日本語学校も江南大学に存在します。

 

依頼のあった日本語学校の校長は26歳と言う若さですが、江南大学の出身者。

何故なのかは不明ですが、日本語学校の校長なのに、日本語を一言も話せない(笑)

 

で、ゴンピンの語学力はズバ抜けて高かったのと、私は常に彼と一緒に行動していた為、有難い事に我々二人のところに 日本語の先生のバイトをしないか と、依頼が来たんです。

 

授業内容は 文法や単語のようないわゆる語学は中国人の先生がやるので、日本人の先生には日本の文化や習慣などについて語って欲しい と言うものでした。

 

しかも対象は全く日本語を話せない中国人学生

 

 

・・・って

 

 

なんでやねん!!(笑)

 

まぁ文法とかはキチンと日本語を学習したちゃんとした先生がやるべきだろうとは思いますが、日本人の講師を使うなら、日常会話レベルの生徒と直の会話が有効なのではないのか・・・

文化や習慣を日本人が中国語で伝えるメリットってのはいったい・・・

 

校長は、「はじめに日本人に触れさせて日本語学習に興味を持って貰う為」と言っていましたが、うーむ・・・そんなもんなのかなぁ。

 

などと言う疑問はありつつも、全て中国語で説明しなきゃならないってトコロに非常に興味がわきました。

これまた勉強のチャンスだ! しかもアルバイトなのでお金も貰える!(ほんのちょびっとだったけど)

 

 

と言う事で引き受けました、ゴンピンと二人で。

 

 

それにしても、全て中国語で、日本の文化や習慣を伝えるのです。

 

正直、この授業は想像以上にヘビーでした。

 

日本の寺とか、有名な滝とか観光地の紹介もしたし、食事や道徳マナーとかまで、独自に調べて中国語になおして毎週発表していったのでした。

 

日本人の自分でも知らない事は非常に多かった。(笑)

 

それを中国語に変換して説明しなければなりません。

 

さらに、生徒達はわからなければ容赦なく質問して来ます。

 

これにも即座に答えなければならず、その場で答えられなければ自分の宿題として翌週発表しなければならない。

 

私としては通常の学習サイクルも崩したくなかったので、その合間にこの学校の準備を入れたのでこの期間の睡眠時間は結構削られました。

 

しかし、授業で合間に入れるギャグとかで生徒に笑って貰えたりすると、非常に嬉しいものでした。

 

こう言う事もあって、留学生活は本当に充実したものになりました。

 

すごく嬉しい事も苦しい事もたくさんあったから、今でもここで書いている事は今でも鮮明に思い出す事が出来ます。

 

さて、いろいろ書いて長くなってしまいましたが、留学中の交流と言えば絶対に欠かすことが出来ない事がもう1つあります。

 

「上海のアルゼンチンタンゴ」

 

私の留学を決定ずけたコンテンツでもある、この「アルゼンチンタンゴ」これをなくして私の中国留学は語れない。

 

次回はこの上海アルゼンチンタンゴを中心に出来事を書いていきます。
(時間の流れはこの記事と平行しています)

 

次の記事:エピソード6 留学生活(上海アルゼンチンタンゴ編)

6.留学生活(上海アルゼンチンタンゴ編)

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-中国あれこれ, 学習エピソード

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.