当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

4.留学生活(学習編)

投稿日:2015-01-04 更新日:

留学生活(学習編)

前回の記事:エピソード3 無錫 “江南大学” 留学

 

クラス選定

9月1日、中国語の学校がはじまりました。まずは、それぞれ自分のレベルにあったクラス選ぶところから始まります。

 

この学校は中国語学習クラスが4つに分かれています。

どのクラスも1回が半年で終了する内容になっているので、全部受けようとすれば二年間学ぶ必要があります。

 

クラスの内容は大体以下のような感じです。

 

A班:発音・基礎文法・初級単語
B班:基本文法・日常会話・中級単語及び語彙
C班:応用文法・上級単語及び語彙
D班:中国の習慣・文化・歴史

 

D班はこの学校の最高レベルのクラスになりますが、主な内容は中国の文化や歴史なので、「語学」だけのレベルで言えばC班終了時点で最高のD班と並ぶ事になります。

 

クラスを受講するにあたり、自分はどのレベルを受講すれば良いのか考えなければいけません。

まず、まったくの初めてではないのでA班は除外、次にB班ですが、基本文法レベルは少し甘いかとも考えましたが、大連一人旅の惨敗を考えると、一つ上の「C班 - 応用レベル」は危険と考え結局B班に決定しました。

 

各クラスとも「総合」「文法」「閲読」「リスニング」の4つの授業があり、それぞれに担当の先生がつきます。

授業は月曜~金曜で、時間は午前中9時~12時まで、この間に授業は2コマあります。

このように語学留学の授業は午前中しか行われないので「語学留学は午後を如何に使うかが非常に重要」と言われています。

 

授業開始

クラスの選定も終了し、9月2日から授業が開始されました。

新しい人生の出発! 現地での勉強で飛躍的に向上するであろう中国語のレベル!

期待で胸が高鳴ります。

 

 

しかし、いざ授業が開始されてみると、実際はそんな夢のような物語ではありませんでした。

授業で先生の言ってる事が ほとんど聞き取れない のです。

非常に焦りました。 何しろ私は日本で二年間も勉強しているんです。しかも、以前の反省を踏まえ、レベルを少し抑えたクラスに参加しているんです。その授業にまったくついていけないんです。

教科書を見る限り、既に日本で勉強済みの内容なので、やってる事自体は全然難しくないはずです。

問題なのは先生が何を言っているのか ほぼ聞き取れない と言う事です。

知識はあるのに話が聞き取れないと言う事は、リスニングレベルが著しく低いと言う事です。

 

これはもう「午後の時間の使い方をどうしよう?」とかそんなレベルではありません。

毎日予習・復習を欠かせば、授業にまったくついていけなくなると言う、とても恐ろしい状況になるのは目に見えています。

 

かなり焦った私は、毎日午前中授業を受けた後、午後は復習・予習に時間を費やしました。

 

幸いな事に自分は日本人なので、「漢字」の意味が理解できる事は非常に有利に働きました。中国語の教科書は全て漢字で書かれているからです。

後はこの教科書に出てくる単語全て暗記して、全ての単語の発音を聞き取れるように訓練しておく必要があります。

上述しているように、B班の授業内容はもうほとんど理解出来ているので、問題はリスニングだけです。

 

始めのウチはあまりにも先生の中国語が聞き取れなくて、何度も質問しました。それで他の生徒に笑われたりもしましたが、そんな事を気にしている余裕は当時の私にはありませんでした。

 

 

レベルアップの実感

そんな事もあって、毎日予習・復習のサイクルは継続していましたが、開始から1ヶ月を過ぎた頃にはB班の他の生徒には追いついたような気がしました。必死にやりすぎて、毎日教科書とにらめっこしていた私は教科書をほぼ丸暗記してしまった程です。

 

内容自体は日本で既に学習済みで、リスニングも鍛えられてきた為、先生の言うこともほぼ理解出来るようになってきていました。

 

しかし、そんな状況でももちろん安心も楽観的にもはなれません。

 

前項で紹介した留学生の親友「ゴンピン」の存在。

彼からしたらこの学校の内容は全て楽勝だったに違いないのですが、「復習したい」と言ってC班を受講しています。

 

彼とは非常に気が合って、時間がある時一緒に食事をしたり、街を徘徊したり、 "江南大学の日本語科の学生さん" たちと交流したりと、とにかく多くの時間を共有した仲です。

 

前項で述べてますが、ゴンピンの中国語レベルは他の留学生と比べて頭1つか2つ分は抜けていて、ぶっちぎりで中国語が上手でした。

現地の中国人と話をしてる時とかも 「え、今の聞き取れたの??」 とか 「え? 何その単語? まだ習ってなーい!」 なんて事はしょっちゅうで、こんな事がある度に自分のレベルの低さを思い知らされたものです。

 

しかし、彼はその高いレベルの中国語を持ちながら、「自分はまだまだだ」と勉強をやめないし、中国人との交流も積極的で、まさに尊敬に値する人物でした。

こんなすごい男の中国語を目標にして頑張ってはいるのですが、自分は果たして彼に追いつけるのだろうか。と言う疑念がいつも頭の中にありました。

私は必死で勉強をしていますが、彼も同じく必死で勉強しています。

 

お互いのスタートのレベルが離れているのに、同じペースで勉強していてはいつまでたってもゴンピンの中国語を超える事は出来ません。目標を達成させるには、もっともっと頑張って勉強の量を増やすしかありません。

 

授業開始よりおよそ1ヶ月、予習・復習にそれほど時間を取らなくても平気になった頃、次のステップの勉強が必要と判断した私は、勉強サイクルの再考にとりくみました。

 

更なるレベルアップの為の学習サイクル

リスニング

なんと言っても自分の弱点は "リスニング" 。ここを克服しなければ未来はありません。リスニングと言う事は、中国語をひたすら聞く必要があります。外国語学習で「リスニング学習には "ドラマ" や "映画" が良い」と良く耳にします。 と言う事で、中国語のドラマや映画は積極的に見る事にしました。

 

単語・語彙

後は単語力です。これはもう語学は全般的にそうなのだと思いますが、単語や語彙は語学の基本です。非常に面白くない作業ではありますが、これはもう丸暗記しかありません。

私は電子辞書を持っていたので、授業やドラマの中で出てきたわからない単語を全て辞書に登録し、覚えるまでは削除しないと言う自分なりの学習方法を取り入れました。

毎日自分で登録済みの単語を覚えられたかどうかテストし(私の電子辞書はそういう機能がたまたま付いていた)、テストに合格すればその単語を消していく方式。もちろん、一度消した単語でも、忘れてしまえばまたここに舞い戻ってくる可能性はあります。実際、そんな単語は山ほどありました。

 

会話

さて、では具体的な学習方法ですが、後はやはり "実践" 。

語学学習は人と会話する為にやっているので、この実践こそ語学学習のメインと言っても過言ではありません。

 

これはもう、とにかく人に声をかけまくる!

 

これに尽きます。

 

道に迷ったら即人に聞く!

外食する時もかならず誰か従業員を捕まえて話し込む!

デパートに入って、興味ない品物でも質問してみる!

 

上記だけでなくても、会話が出来れば何でもOK。せっかく中国語プロフェッショナルがうじゃうじゃいる場所に来ているので、自ら会話をしない手はありません。

 

相互学習

学習方法はこれでも十分そうですが、もう一工夫欲しいところです。

私はこの後さらに相互学習出来る学生を探しました。

 

すなわち、 "日本語に興味がある学生" です。

 

間違えてはいけないのは、日本語科の生徒ではないと言うことです。大学で日本語を専攻している学生は、もう既にみんな日本語が話せます。

もちろん、相互学習者が日本語を話せれば助かる部分もあると思いますが、学習速度を考えるとはやり日本語はあまり使えない子の方が良いと考えました。

私は運よく二人の「日本語に興味を持っている」だけど、「まだ全然話せない女の子」を二人ゲットする事に成功しました!

 

彼女達に日替わりで寮に来て貰って、お互いに母国語を教え合う事になりました。 ここでのポイントは「相手は日本語を話せないので、日本語を教える時も、中国語を教わる時も、中国語を使う」と言うところです。

 

新学習サイクル まとめ

上記学習サイクルをおおまかにまとめると、こんな感じです

 

早朝:一本15分の子供向けアニメ(喜羊羊与灰太郎)を2~3本みる

午前:学校の授業に参加

お昼:相互学習、中国語と日本語それぞれ1時間ずつに二時間。
(中国語で中国語を習い、中国語で日本語を教える)

夕方:単語をひたすら暗記

夜:学校の周りを散歩しながら、リスニング授業の復習・予習
(この学校はとても広く、外周を一周するのに2時間かかります)

帰宅後:街で買って来たDVDや、ネットで連続ドラマを眠くなるまで見る

 

もちろんクラスの仲間と食事に行ったり、学校の行事に参加したりと毎日がこのメニューは実施出来ませんが、おおむね1日をこのサイクルで過ごしました。

 

夢に中国語の字幕が出現

この頃から、勉強のし過ぎからか 夢に字幕が流れる ようになりました。

 

これは普段まったくテレビを見ない私が、勉強の為に短期間でドラマを見まくったせいかも知れません。

中国はとても広く、各地に方言がある関係で、テレビドラマや映画は全て中国語の字幕が入ります。子供向けアニメも例外ではありません。

中国語字幕が入ったテレビを見過ぎたせいで、私の夢にも中国語字幕が入るようになってしまったのだと思います。

 

しかし、これは中国語学習者にとっては非常に助かります。

 

日本では、ドラマに日本語の字幕が流れるなんて事はありません。
(障害者用の番組は別ですが)

 

「中国語の発音を聞きながら、文字が確認出来る」 と言うのは非常に勉強しやすい環境です。

 

 

夢の中の言葉は中国語だったり日本語だったり様々で、同じ場面で中国語と日本語がまじる場合もあります。

夢の中で自分が話した日本語に字幕が流れて(夢は客観的に自分を見てる感じ)、たまに翻訳を間違える事があります。 そこで 「あ、今の翻訳はちょっとニュアンスが違かったな!」 など言ったりする事があり、後で思い返して笑ってしまいます。

 

短期間にこれだけ頭に叩き込むとこう言う現象が起こるようです。

このようなペースで学習をつづけていると、半年がすぎる頃には、すっかり中国語が身体に馴染んできた実感がありました。

 

あまりにも中国語を使い過ぎた為、もはや日本語がパッと出てこないような事もありました。

この頃になると、実際のレベルはどうあれ、ゴンピンレベルにだんだんと近づいてきたと言う感覚がありました。

 

 

現地で生活しても、勉強しなければ言葉は覚えない

人にもよりますが、 "外国で生活している" 事を楽しんで勉強をまったくしていない人もいます。

もちろんそれは悪い事でも何でもなく、その人がそれを望んでやっていて、そしてそれを楽しんでいるのではあればむしろ良い事だと私は思います。

 

ただ、以前は私も "留学すれば話せるようになって当たり前" みたいな感覚を持っていて、現地にくれば喋れるようになると幻想を頂いていた時期がありました。

駐在員なんかもそうだと思います。

 

「○○さんは○年も中国で働いてたんだから、もう中国語は現地人レベルでしょ!」

 

なんて言う会話をちらほら聞いたりもします。ところが、実際はまったくそんな事はありません。

 

現地に来て生活しているだけで外国語をマスター出来るなんて言うのは、幻想とか妄想です

 

私が現地に留学してわかった事は 留学先での勉強は、日本でも出来る と言う事です。

 

全く同じか、それ以上のレベルの学習を日本でもする事は可能です。

ここを勘違いしてしまうと、何年も現地で生活していても、全く成長は期待できません。
(※ただ、周りに中国人がたくさんいるので、リスニング能力の向上は日本にいるのと比べるとかなり有利ではあります)

 

私がこれに気づいた時一番恐れたのは、留学を終えて日本へ帰国した時

「あれ? あいつ中国に留学してたんじゃなかったっけ? なんであんなに中国語レベルが低いの?」

 

とか言われてしまう事でした。何しろ自分も昔は "留学 = 外国語ぺらぺら" と本気で思っていたのです。

留学や駐在を経験していない人全員が、こう思っていたとしても不思議ではありません。

なので、逆に私は「留学したからには、何が何でもマスターしなければならない」と強い決心をしたのだとも言えます。
※この辺の話は、別の記事:私の体験した「必要性」からの行動 に書いてありますので、もしご興味ありましたら併せてご参考下さい。

 

留学の強みは、周りの環境ももちろん大きいですが、一番はやはり精神面での自分の追い込みなのではないでしょうか。

 

「留学をしたのに全然上達していない」と言うのは、私にとってはあまりにも恥ずかしい出来事。ネガティブパワーではありますが、この思いが原動力となって私の中国語学習は進んでいきました。

 

今回の記事は留学生活の中でも "学習" に重点をおいて書いてきましたが、次回の記事ではそれ以外のイベントや現地交流などについて書こうと思います。(時間軸はこの記事と並行しています)

 

次の記事:5.留学生活(交流編)

5.留学生活(交流編)

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-中国あれこれ, 学習エピソード

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.