当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

「調子を上げる」「元気になる」考え方

投稿日:2016-03-21 更新日:

伸びをする女性

こんにちは、Seanです。

前回の記事:「気分がのらない、何もやる気にならない」根本的な理由はあるのか

 

日によって「調子が良い日」「調子の悪い日」、または「元気いっぱいの日」「あまり元気の出ない日」など、あると思います。

 

もちろん、お酒をたくさん飲んだ次の日なんかは元気も出なければ調子もあがらないでしょうし、そんな感じで体調もかなり影響してくるとは思います。

 

こう言った事を踏まえて、人の「気分」や「体調」などを左右する要素を「何かしらのエネルギー」と言う概念で考えてみたいと思います。

 

身体に "良いエネルギー" がある時に「体調も気分も良くなる」し、身体に "悪いエネルギー" がある時には「体調も気分も悪くなる」と言う考え方です。

 

では、「何かしらのエネルギー」とは一体何か、これも私の考える概念からお話します。

 

世の中では宗教っぽいオカルトな話から、気功術と言った目に見えないエネルギーの話は敬遠されがちです。

「科学的に証明されていないものは信じられない」「胡散臭い」と言った事ですよね。

 

たしかに、いきなり誰かに「この宗教は素晴らしいエネルギーに満ちている!」とか言われたら「この人大丈夫??」とか本気で思ってしまいそうです。

 

しかし、このような不確かなエネルギーについては懐疑的であっても、「最近ストレスが溜まっている」とか「場の空気を読む」とか、これらも科学的に証明されていない不確かなエネルギーですが、あたかも実在するかのように一般的に会話に登場します。
これは、「自分で実感出来るモノ」は科学的に証明されていなくても、自分が自分自信で証明しているという事で存在を確信しているのではないでしょうか。

 

そんな上記内容を踏まえた上で 「科学的に証明されていない不確かなエネルギーは存在する」 と言う仮定のもと話をしていきます。

 

新宿御苑フランス式庭園エリア

 

そこで本題ですが、「元気が出る」とか「調子が良い」と言うような感覚的なものはもちろん、「体調」の良し悪しも、この「何からしらのエネルギー」が影響を与えていると思うと納得が出来そうです。

 

例えば、「前の晩飲み過ぎたから今日は体調が悪い」と言うのは、身体の中に「アルコール」と言う悪いエネルギーが入ったからと考えてみてはどうでしょう。

これは成分などが科学的に証明されているのでわかりやすいですが、証明されていないエネルギーもこれにあてはめてみます。

 

何日間も雨でじめじめしていた後の快晴の天気は、外に出た瞬間パァッと晴れた気分になります。

人から悪口や文句を言われれば気分が悪くなるし、逆に褒められれば気分が良くなります。

 

これら「太陽光線」「人からの褒め言葉」「人の悪口」を全て「良いエネルギー」と「悪いエネルギー」に置き換えてみるとわかりやすいです。

 

身体には一定のエネルギーが溜まっていると仮定します。

 

そして、このエネルギーはずっと身体の中に溜めておくと、どんどん悪くなっていきます。

言い方が悪いですが、「食べ物を放置しておくと腐ってしまう」ようなイメージです。

 

エネルギーは身体の中に溜めて置くとどんどん悪くなっていくので、出来る限り放出します。

身体からエネルギーが放出されると、空いた部分に外部から別のエネルギーが入ってきます。

こうやって人間の身体はエネルギーを循環させています。

 

常に新鮮な新しいエネルギーを入れ続けていると心も身体も健康になると言う考え方をしてみると、スポーツで身体を動かしたり、カラオケにいって大声で歌うとスッキリ気分が良くなるのは、身体の中のエネルギーを放出し、新しいエネルギーが入ってきたからだと思うと辻褄があいます。

 

両手を上げて瞑想する女性

 

1日何もしないで家でゴロゴロしたり、ひきこもったりすると身体のエネルギーが外に出る事が出来ず、どんどん身体の中で悪くなっていき、心も身体も不健康になってしまいます。

 

こう考えると、私は「鬱(うつ)病」のほとんどの原因はこれなんじゃないかと思っています。

 

物事を悪く捉えてしまうと身体が動かなくなり、身体を動かさないとエネルギーが外にでないのでどんどん身体の中で溜まってエネルギーが悪くなっていきます。

身体の中のエネルギーが悪くなると、元気も出ないし身体の機能も衰えて何もしたくなくなります。

 

憂鬱そうなメガネの女性

 

そう言った悪循環が延々と続いて抜け出せない状態を一般的な「うつ病」と呼ぶのではないでしょうか。

 

まずは何でも良いのでエネルギーを放出してみてはどうでしょう。

外に出れるならランニングしても良いです。

お金に余裕があるならカラオケで大声を出しても良いです。

家から出る気力も起きなければ、その場で腕立て伏せや腹筋など筋肉トレーニングを少ししてみるのも良いでしょう。

 

エネルギーが身体から放出されれば、少なくともさっきまでよりはスッキリした気分になるはずです。

 

OKサインをする笑顔の女性

 

何にしても、身体を動かす事やエネルギーを発散する事は身体に良い事だと思うので、何だか調子が出なかったり、気分が落ち込んでいたら試してみては如何でしょうか。

 

 

 

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-自己啓発

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.