当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

「スンドゥブ」を食べてきました

投稿日:2016-03-07 更新日:

こんにちは、Seanです。

みなさん、「スンドゥブ」ってご存知ですか?

私は先日「東京純豆腐」と言う店に入ってはじめてこの料理を知りました。

 

私が入った店は新宿にあったのですが、どうやらこのお店全国展開しているチェーン店のようです。

 

私が注文したのはコレ ↓

東京純豆腐

 

うーむ、外見は完全に韓国チゲ・・・

 

メニューには「スンドゥブ」と書いてあるが、チゲと一体何が違うのかな?

 

と、思ってネットで調べてみました。

 

どうやら、「スンドゥブ」とは「純豆腐」の韓国語読みみたいですね。

で、このメニューは「純豆腐を使った鍋」と言う事みたいです。

Wikipediaに詳細が掲載されていましたので、紹介します。

純豆腐(スンドゥブ/순두부)は朝鮮の豆腐の一種で、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)に相当する柔かい豆腐である。
チゲのメイン食材として使われることが多いので日常の会話では、豆腐そのものよりもスンドゥブ・チゲ(순두부찌개)の略称として使われることが多い。スンドゥブ・チゲは食堂や家庭で一般的かつ安価に親しまれている鍋料理のひとつである。(※Wikipediaページより一部抜粋)

提供元:Wikipedia - Wikipedia純豆腐(2016.3.7)

 

ここでは、注文時にベースの具材、スープの種類と辛さを選べます。

塩ベース、味噌ベース、あとは白スープと言ってまったく辛くないタイプ、辛さは数字で5段階だったかな?

 

私が注文したのは「ごま坦々」の味噌ベースで1辛のスープ + ご飯セット。

私は味噌ベースにしたので、見た目がキムチチゲっぽかったんですね。

ご飯と一緒においしく頂きました!

だけど、目の前の友人が注文していた「豚角煮」のチゲも、ものすごく気になったので、次回チャレンジします!

 

それにしても「純豆腐(スンドゥブ)」って、はじめ友人が「スンドゥブ食べよう」って言った時は、「新宿」の発音がなまって、冗談で「すんずく」って言ってるのかと思った(汗)

 

東京純豆腐さんのオフィシャルサイト → 東京純豆腐

我々が入ったのは「新宿東口店」、こじんまりとしてますが、小奇麗でオシャレ。

店員さんもすごく感じ良くて居心地良かったです。

 

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-うきわく日記

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.