当サイトは管理人が興味を持ったさまざまな仕事や趣味、人間関係やお笑い、はたまた政治や経済などを感じたままに書きまくるサイトです!良かったら覗いて見て下さい。

興味の窓

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

2.留学決意

投稿日:2015-01-02 更新日:

留学決意

前回の記事:エピソード1「きっかけ」

 

中国語を勉強しようと思い始めはしたのだけど、まだその時は「学校で勉強する」と言う概念はなく、書店で学習書を買って家でやる程度でした。

 

ただ、発音にだけはかなり気をつけました。

 

どうせやるなら、最終的に中国人に間違われるレベルにまでなりたい!

 

と、学習開始当初から思っていました。

 

もちろん、そこまでいけるかはわかりませんでしたが、スタート時点で

「会話が通じればそれで良い」

なんて言う低い目標設定をしてしまうと、会話の通じるレベルになるのかも怪しくなります。

 

現地人レベルを目指してやれば、どんなに成績が悪くたって日常会話くらいはマスター出来るようになるだろう。

と言う事で、目標は高く持った方が良いと思いました。

 

それに、いろんな外国人が一生懸命日本語で話しをしてくれますが、やはりたどたどしい口調で話されると

「あ~日本語って難しいもんな~ 何か俺が英語話せなくてごめんね・・・」

と、逆に気を使ってしまいます。

 

私が中国人と中国語で会話をするなら、そんな気は使われたくない!

 

そして、中国語は「発音が大事」と良く耳にしていたので、学習当時から発音にはものすごく気を使いました。

 

独学で初めて2~3ヶ月してから、SKYPEで知り合った上海の彼女に会いにもいきました。

 

これが私の初の中国旅行!

 

彼女はつきっきりで上海を案内してくれました。

 

 

初めて行った中国は、もちろん文化も習慣も違うのでカルチャーショックもだいぶ受けました、日本語堪能な美人の彼女が案内してくれたお陰で、今まで以上に「言葉を何とかせねば!」と思いましたよ。

 

当然ですが、自分で買った教材で、2~3ヶ月の独学でやったくらいでは現地で使い物になるハズもなく、、、

彼女に全て委ねているのが何となく寂しかったのかも知れません。

 

そんなワケで帰国後、一念発起! 週に一度だけど、中国語の学校へ通う事にしました。

 

やはりちゃんとした指導者に講義を受けるのと、まったくの素人が独学でやるのとでは質も速度も全然違います。

しかも、グループレッスンで他の仲間もいて、ライバル意識が芽生えるのも大きいと思います。

それに、もちろんお金を払っているので、何とか習得しなければと言う思いも強くなります。

 

しかし、毎日先生に付くと言うのは経済的に効率は悪い。
(※参考記事:「学習スタイル」の話

 

先生に見てもらうのは週に一度か二度で十分、勝負はそれ以外、授業のない日をどの様に過ごすか、というのが非常に重要だと私は考えています。

 

私の学習における実施メニューは以下のとおり

 

・通勤時間は全て以下の様に中国語学習に使う
→ 教材のCDを聞いてリスニングの練習
→ 頭に浮かんだ独り言を中国語に翻訳する
→ 上記ニ項目で出た自分の知らない単語を調べ、暗記する

・土日はどちらか、または両方中国語交流会や授業に参加する

・外食時はなるべく中華料理屋にはいり、頑張って中国人従業員に中国語で話しかける

 

このように、とにかく日常的に中国語に触れている事が重要だと考えました。

 

この様に熱心に学習を続けていく過程で、「この世の中には "チャイナパブ" なるお店が存在すると言う事を知りました。

 

元々はピアノ仲間、後に中国無錫の地で駐在員をする事になった友人「Yさん」に連れていって貰ったのがきっかけです。

 

中国人の女の子が話し相手になってくれるバーとかスナックみたいなイメージ。

 

上海の彼女とは、遠距離と言う事もあり少し疎遠になっていた事もあり、

「中国語学習のチャンスはここにあり!」

とばかりに、意気込んでチャイナパブに通うことになりました。

 

正直、普通の居酒屋で飲むよりお金は全然高いのですが、私は別にここにお酒を飲む事を目的としてきているワケではありません。

 

「中国語マスターである中国人と、しかもテンションの上がる女性と目の前で会話をする事が出来る」

 

これはもうSKYPEどころの騒ぎではありません。

 

TV電話ではなく、目の前の中国人と会話をする事が出来る。

場合によっては、まだ日本に来たばかりで日本語をほとんど話せない子もいて、学習チャンスが大いにあります。

なぜなら、中国語でないと会話が出来ないので、日本語に逃げるという技が使えません。

学校で習った事を実施出来る場所であり、不明な点や、会話の練習には本当にすごく良い場所だと思います。

 

このチャイパブを知った私は、週に1~2回通う事で、日常の中国語学習サイクルに組み込みました。

 

こうして私の中国語はメキメキ上達していった・・・

 

かに見えました。

 

そうなんです、実際はそれほど上達していなかったと言う事を、後に思い知らされる事になります。

 

もちろん上達はしていたのだとは思いますが、学校の先生や、チャイパブの女の子達はそもそも日本人と会話をする事になれているので、こちらのつたない中国語を相当に汲み取って会話をしてくれていたのだと思います。

 

そして学習を初めて8ヶ月が経過した頃・・・。

 

上記のような理由もあり、「もうほぼ日常会話は問題ない!」と自分の実力を過信した私は、無謀にも中国へ腕試しの旅へ行ってみる事にしました。

 

実際のところ、外国語学習なんて全く経験のなかった私は

「外国語なんて1年もやれば皆べらべらに喋れるようになる」と言う偏見を持っていたので、かなり勉強を頑張った自分は8ヶ月である程度までマスター出来てしまったと、完全に勘違いをしておりました。

 

やってみればわかる事ですが、周りが外国人だらけで日本語を使えないような環境ならまだしも、数ヶ月でべらべらになるなんて到底ありえません。

 

そんな事も知らない私は大連(中国の東北地方の一都市)へ一人向かいました。

 

いやいや、この旅は本当に参りました・・・。

 

旅行中、ほとんど会話にならないのです。

 

現地に行ってわかったのは、日本にいる中国人が、どれだけ丁寧に、温かい目で我々と接してくれていたかって事です。

 

現地の中国人は、外国人に会話で手加減をしません。

 

と言うより、外国人だろうが何だろうが、「中国語が話せるのはあたりまえ」と言うスタンスで会話してきます。

彼らは、外国人相手でもゆっくり話したり、相手が自分の言葉を理解していないとわかっても、簡単な言葉に言い換えたりせず、そもそも「中国語が話せない人」と言う概念がないような気がします。

 

さらに問題なのは、こちらも少しながら中国語を学習して行っているので、言いたいことは言えるワケだ。

ここで問題になってくるのは私の「発音」です。

前述していますが、私はとにかくスタートからこの中国語の発音にこだわりました。

最終的に「中国人に間違われるレベル」に達する為には、発音の壁は避けて通れないと思った為最初っから、もっと言うと今でも非常に気をつけて話をしています。

と言うより、最初っから発音に注意して話すようにして来た為、「発音に注意して会話をする事が当たり前」と言う状態になったのだと思います。

 

話を戻しますが、そのため私は自分の中国語のレベルを越えて、発音だけ上達してしまうと言う状況になりました。

 

とにかく発音が良いと言われる為に頑張ってきたので、発音はこの時点でも結構良かったんだと思います。

そのせいで、相手に 「あ、この人中国語出来る」 と思わせる事になったのは恐らく間違いありません。

たいして出来ないのに!

 

なので、こちらの言うことはある程度伝わっていたと思いますが、問題は、「相手の返事が何を言っているのか聞き取れない」と言う事。

 

自分のリスニング能力が、自分の発音能力を遥かに下回っていたと言う事になります。

 

相手の言ってる事が良くわからないので「もう一回お願いします」と言うと、相手は怒って声はデカくなるし、口調も更に速くなり、余計聞き取れなくなると言う悪循環。

 

大連の旅行では、終始この状態でした。

 

さすがにへこみました。

 

なんと言っても、自分では結構出来ると思って実施した「腕試し」の旅だったのに、ここまで会話にならないとは・・・

 

決心こそまだしていませんでしたが、はじめに「留学」の二文字が浮かんだの恐らくこの時だと思います。

 

帰国後、このショックもあってか、中国語学習にあまり力が入らなくなりました。

 

日常の中国語学習サイクルは変えずに頑張りましたが、どうも上達している気がまったくしなくなりました。

そんな中、この間で東京在住の中国人女性とお付き合いする事になりました。

彼女との会話は、自分の中国語レベルも全然まだまだでしたが、彼女の日本語もあまり上手でないと言う事もあり、割合は半々。

 

しかし、それでも中国語レベルの上達は実感出来ませんでした。

「恋人が出来ると語学が伸びる」と言うレベルには既に達していたのだと思います。

経験ある人はわかると思いますが、「恋人が出来ると語学が伸びる」と言うところの語学レベルは全然高い位置になく、こちらの言いたいことが伝わって、相手の言いたいことがわかればそれで良い、と言う低いレベル。

 

この後、私は東京でSEの仕事をしながら中国語を続けるののですが、やはり上達を実感出来ない。

 

しかし、ここで私の人生を大きく左右するイベントが発生します。

 

学習を始めてから2年が経過しようとしていたその時、趣味の「アルゼンチンタンゴ」の仲の良い仲間で「上海へタンゴを踊りに行こう!」と言う事になったのです。

 

中国語とアルゼンチンタンゴ、趣味の両方を満喫出来る素晴らしい機会到来!

 

「アルゼンチンタンゴ」は良く「フラメンコ」と間違えられますが、一人でも踊れるフラメンコとは違い、アルゼンチンタンゴは男女のペアダンス。

日本だと社交ダンスをイメージして貰えば大きな間違いはないと思います。

 

このアルゼンチンタンゴ、実は中国語学習とほぼ同時にはじめたのですが、後に上海タンゴ国際フェステバルでデモンストレーションをしたり、帰国後プロ講師として自分の職業にする程、中国語同様私の人生を大きく左右させた大きな趣味の1つです。
※はじめたきっかけは、非常に長くなるので何かの機会で別に書きます!

 

そしてこの仲間達で行った上海タンゴツアー。 これがまた非常に素晴らしいものでした。

 

後にめちゃくちゃお世話になる、上海タンゴ会場を主催している上海タンゴの一人者、台湾人夫婦と知り合ったのも非常に大きい。

 

彼らの主催する上海のアルゼンチンタンゴは、会場も広く、アルゼンチンタンゴの為だけにつくられた、タンゴを踊ると言う意味ではほぼ完成された素晴らしいモノでした。

 

当時狂ったようにハマっていた中国語とアルゼンチンタンゴ、この2つを兼ね備えた上海の地、この仲間と来た上海タンゴツアーは「日本を離れ、ここに住みたい!」と私の意識を決定づけた大きなイベントとなりました。

 

上海タンゴツアーを終え、帰国した私はひっじょーに考えていました。

 

上海のタンゴが素晴らしかったのは1つの大きな理由ですが、前述しているように、自分の中国語学習にも限界を感じていました。

「中国語をこれ以上上達させるには、もう現地に行くしかないのではないか?」

 

日に日にこの思いは強くなっていきました。

 

中国留学について調べてみると、向こうの学校は9月からスタートするので、9月に入学するのが一般的。

この時はまだ6月、しかも当時の仕事で、私が関わっていたプロジェクトが7月いっぱいで終了。

これは工期とか納期とかはなく、物理的に終了するプロジェクトだったので、延期はありえない。

 

7月にプロジェクトが終了する・・・

 

留学のスタートは9月・・・

 

 

これはもう行くしかない!!

 

 

・・・いやいやちょっと落ち着こう。

 

当時の私、34歳。 この歳で仕事を辞めて本当に大丈夫なのだろうか。

 

・・・と言うことで転職サイトをいくつか調査。

 

ビックリする事に、転職サイトに掲載されているSEの募集欄では、年齢のところに「35歳まで」と書かれた募集がほとんど!
(※現在では法律が変わって、人事募集で年齢の制限を設ける事は出来ない)

 

35歳まで転職可・・・ 今の私34歳・・・ 1年留学して、帰国して35歳・・・

 

 

再び もうこれは行くしかない!!!

 

 

ここまで来ると、もう仕事を辞めて留学しろと誰かが言ってるようにしか思えない。なんせ

 

・中国語をマスター出来る可能性がグンと上がる
・仕事を辞めて留学しても、帰国後の再就職に希望が持てる
・素晴らしい上海のタンゴに触れられる
それより何より楽しそう!!

 

と言う状態。

 

そして私は留学の決意を固め、職場の上司に報告したのででした。

 

次の記事で留学先の選定から、現地に到着し就学までを記載していきます。

 

次の記事:エピソード3 江蘇省無錫市 “江南大学” 留学

3.無錫 "江南大学" 留学

 

興味の窓(記事上または下)自動サイズレスポンシブ

 スポンサードリンク

-中国あれこれ, 学習エピソード

Copyright© 興味の窓 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.